人事評価委員会にて、適正給料を定めています

人事評価委員会の取り組み・活動内容

会社の発展の大きな要因には社員の活性化が必要不可欠です。
そのためには、社員一人ひとりの能力を活かし、そして一人ひとりの存在感を高め、働く上での希望や目標を持ち、皆に平等のチャンスがあり、そして次のステージがある。

会社という組織で働くにあたり、それらは必要不可欠なシステムです。

その為に当社では人事委員会を設け、年に数回の昇給の時期に様々な角度から社員を評価できるよう審議を重ねています。

努力や頑張りが報われない、そういった日陰の部分を徹底排除する事。

その根本が公平な評価であり、個人の評価や価値観でなく、会社全体としてのルールの上で繰り広げられるものこそが、本来の人事評価だと考えます。

またクリアな人事評価により、各個人の士気が高まり、納得できる環境下に初めて信頼が生まれます。

当社の人事評価は、他人と比較するのではなく、あらかじめ決められた会社の基準と比較し、その結果を当人がフィードバックすることで、本人のモチベーションをを刺激し、会社・上司と一体になり育成に生かすことを考えています。

評価を通して社員の長所を伸ばし、短所を改善の方向に導くことが会社の発展、またその社員の発展には必要不可欠です。
そのためには、会社と社員とのコミュニケーションが必要になります。 
当社は社員の育成を視野に入れてのコミュニケーションを数多く行っており、社内での研修も含め、数多くのレクレーションや福利厚生の根本も実はここにあります。

まず相手の事を知る、そして人は力、人は石垣と言われるように、
一人ひとりの力を把握し、連帯的に成長していける企業を当社は目指しています。

その為に設置されているのが人事評価委員会であり、
社内における不等な事などの相談窓口としても機能しています。