広島痴女性感フェチ倶楽部

この仕事をする前はコンピューターのシステムエンジニアをしていました。

この業界、そして金龍興業を選んだ理由は、本来ビジネスが好きで、2兆円産業とも言われるデリバリー風俗の業界で、急成長していてる理由を肌で感じたかったのと、正当な評価システムがあったからです。

ただ、僕も最初そうだったように、この業界に対するイメージは怖いとか、少しダークなイメージがあるかもしれません。

それが理由で、興味があっても一歩を踏み出せない方もいるかもしれません。

しかし、実際に働いてみて感じるのは、一般企業、飲食店などの経営となんら変わりはありません。逆に、一般企業よりキチンとしているかもしれません。

今の風俗に求められるのは、昔と違って一般のビジネス感覚なんだと思います、風俗だからといって、特別なことが必要だとは感じません。

僕もまだ入って1年経っておらず、約半年で店長に昇格させて頂きました。前向きな気持でチャレンジ出来る方であれば、誰でも上に上がれる環境はあります。

是非とも、自分を変えたい、お金を稼ぎたい、夢を叶えたい、何かに挑戦したい。そんな一歩を踏み出したい方の応援をさせてい頂きたいと思います。

チャンスはあります、そこに必要なのは一歩を踏み出す勇気だけです。是非とも広島痴女で一緒にチャンスを掴みましょう!

広島痴女性感フェチ倶楽部 店長

一覧に戻る